*

瞑想する 衣(ころも)

  • Posted on: 2019-03-03
  • By:

今日、染織家 伊豆蔵明彦氏の 栗で染めたシルクのショールを手にした。

 

私は 「素晴らしい〜!」と感動したのに、

私の〝頭〟は、

「黄色系のストールは もう持っているから…」 と 言った。

 

え?! 

 

纏うこと って、

ワードローブ???

用途???

バリエーション???

 

そういう問題?!( ³0³)

 

何かが グルン とした。

 

 

ショールを ふわりと 頭に被った。

やはらかくて   かるくて、  やさしく、  あたたかい。

 

………気持ちいい。

ただ ただ 気持ちいい。

呼吸が深くなる。

 

私はこのショールを 

私の部屋で  ひとりの時に はおりたいと思った。

 

誰かに見せるとか

自分を表現するとか

そういうことではない、

 

もっと深いところに 

このショールは存在している。

 

私とショール。

粒子が 交じり合うかのように

境目が なくなる 感覚 が した。

 

 

衣 って、本来 何なのだろう?

 

私は そこ

本質的なところに 触れたい。

この視点で 観察していこう。

身体 は  知っている。

 

 

●自然染織家 伊豆蔵明彦氏の世界

http://wakumusubi.com/index.html

 

●伊豆蔵明彦氏の作品 AKIHIKO IZUKURAは、東京帝国ホテルプラザ2F  愛でるギャラリー 祝 でも お求めになれますよ ↓

http://www.imperialhotel-plaza.jp/wp/archives/7965/