*

ARTGYPSY ARTSHOW報告⑤ 祈り

  • Posted on: 2017-09-06
  • By:

NOBUYAさんが旅立った 個展最終日、鴨々堂に向かい、 ∀KIKOさんと ハグする。

ほんとうに、なんと言っていいのか…言葉がなかった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

∀KIKOさんの話を聞いているうちに、かずみさんが、

「NOBUYAさんが今そこにいて、∀KIKOさんに伝えたいことがあると言っているので、伝えてもいいですか?」と。

かずみさんが伝えてくれるNOBUYAさんの様子、言葉……私も 感動とともに 自分の中に健やかさを感じていった。

→詳しくは ∀KIKOさんのブログ

∀KIKOさんはNOBUYAさんとのこと、私たちに話してくれました。

小さい頃からの お二人の不思議とも言えるご縁、お互いを信頼し、認め合い、思い合うその在り方……とても胸を打たれた。

余市でお通夜が行われているだろう29日(火)の夕刻、

私は札幌の自宅で、ARTSHOWの日に買った ∀KIKOさんの原画を飾り、、

真っ黒い空に星が煌めいてるような絵付の和蝋燭を灯した。

「NOBUYAさん、今、み〜んな NOBUYAさんのことを想っているね。

忙しいかもしれないけど、自在だったら…もし伝えたいことがあったら…伝えてね」

そうして、蝋燭の写真を撮った。(そうしたくなったから)

その後、同じ時間にお祈りした かずみさんとひさよさんと メッセージのやりとりをした。

ひさよさんからは、関西の空。

「これから NOBUYAさん お通夜だそうです」と私がメッセージをした頃の。。。

1504662729972

かずみさんは、その頃、キタラで札響のコンサートを聴いていたそう。

鴨々堂の前を通り、ARTSHOWをした時の駐車場に車をとめて…

そして、一曲目は、「鳥は静かに…」という静かで穏やかなレクイエムのような曲だったと。

私もかずみさんが送ってくれた 曲の解説を読んで驚いた。

1504662754917

「一羽の鳥の死を 仲間の鳥たちが静かに黙して囲んでいるイメージ」
まさに、今、その時だよ……。

私は 蝋燭の写真を送った。

1504662807996
二人が 抱きしめあっているよう

1504662830630
私には、夕日をバックに NOBUYAさんが 振り返った姿に感じた

1504662849754
祈っている…

1504662870512
身体から伸びる線、鳥のもとへ…
同時に、向こうに兆しが見えている

1504662891773
!!!

⑥につづく(新しい記事をクリック)

一覧を見るには、Menu→ホーム