オリジナル楽器

私を生きる決意!〜楽器ができた

今日、新しいシリーズの4台目、私の楽器ができた!

今回は、自分の楽器だからだね。もう なんとも言えない体験をした。

私の楽器の絵が「イカ」になることは 、3台目を作っている時から 気づいてた。

私は、深海の生物が好きで、NHKスペシャルの「ダイオウイカ」シリーズも欠かさず見てるし、超ラブリーなイカとタコの写真集も新たに手に入れたところ。

今、「イカ」に 深いシンパシーを感じるのだ!笑

楽器に描かれる絵は、

「巨大なダイオウイカであり、

最小の ヒメイカであり、

可愛いミミイカであり、

宇宙であり、

細胞であり、

唯一無二の 創造物 わたし である」

なんてね。😊

だから、「楽器にイカって……ウケる! 私の場合、素敵とかセンスいいとかじゃないわ。突き抜けるぞい!」って、すごくウキウキしてたし、実際 試作まではそうだった。

なのに、絵の本番に入って、イカの姿を描いたら、すごく怖くなった。

「この姿を 現していいの?」。

怖い。

得体の知れない自分。

同時に 上がってくる悲しみ。

私をわかってもらえない 悲しみ。

異形(いぎょう)の存在である自分への 他からのまなざし。

自分の中から、そして、いったい いつの記憶なのか?(過去生?)

上がってくる 孤独、悲しみ、恐れに、

絵を前に、何度も泣いてしまった。

だからこそ、わかった。

私は、私として生きるために、ここに向き合ってるんだって。

そして今日、完成した絵をかずみさんのところに持っていき、二人で組み立てた。

私の気持ちをシェアして、少しずつ 楽になってゆく。

組み立てていると、文字通り、絵の存在が立ち上がってくる。

「この子(イカ=私)は、楽器になるために生まれてきたの。」

「一番 大事にしたのは目。目がイキイキしているように描いた。目が死んでいるのは、私には 本当に死んでいることなの。」

「イカも深海魚も、海の中では 透明で光って とても美しい。でも、水から出たら、その姿はみるみる変わってしまう。本来の場所にいることがすごく大事なんだ。」

弦を張って、出来た〜!

いいね〜!!!!

かずみさんが、「もうひと プロセスありそう」と。

私が弾き続け、かずみさんがインスピレーションでサポートしてくれ……

弾き終わって顔を上げると、かずみさんが 目を赤くして涙を拭いていて、

視たビジョンと 受け取った言葉を 伝えてくれた。

「あつこが あつこで 在るために

あつこが あつこに 還るために

(この楽器がある)」。

「うん、私も 本当に そうだと思う。

だから、今日は この楽器と、私の誕生日なんだ」

【追記  その後 わかってきたこと 】

この楽器が出来上がって、私は やっと 〝覚悟〟が出来た。決めた。

ひとつは、『私が私自身 そのままを 受け入れること』。

技術がないとか 変に思われるとか いろいろジャッジしているのは、私→私。

人にどう思われるか?を気にして……つまり その本質は、私が〝ちゃんと〟できるかを、私が見張ってたんだ。

その基準に達してなければ、躊躇して、却下して、ないものにして 表現してこなかったんだ。

不完全燃焼……だよね……(^◇^;)

でももう そういう 『未熟さ含めての、私 を 表現すること』を 決めた。

表現する、こと自体が、私にとって呼吸のようなものなんだ。 本来は。

私は、『 私 を 生き切る 』 よ。

昨年末から 素晴らしいセッションをいくつか受けることができて、私の本質、取扱いが やっと わかってきたところ。

そこに、この楽器でね、がっつり アンカーできた感じです😊

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP